脂漏性皮膚炎 抜け毛

マラセチア菌というカビの一種で
皮脂を餌として頭皮の増殖することで脂漏性皮膚炎を発症します。

 

誰でも持っているマラセチア菌ですが、
皮脂に含まれるトリグリセリドを分解して、
原因となる遊離脂肪酸に変えてしまうことが原因です。

 

頭皮はマラセチアが繁殖すやすい場所です。
頭皮は汚れや脂がたまりやすく、不潔になりやすいです。

 

脂漏性皮膚炎になってしまうと治りずらく、
悪化しやすい傾向があります。かゆみがあるのでかきむしってしまい、
かさぶたができたりします

 

。脂漏性皮膚炎の主な治療法としては、
皮膚の炎症を抑えながらマラセチアの増殖を止める治療を行います。

 

副腎皮質ホルモン剤を使う治療で短期間で良くなります。
しかし、ステロイドは炎症を食い止めるだけの薬なので、
根本的な治療法とは言えません。

 

何度もこの症状に悩まされている方には、
病院にいって治療してもらうことが一番ですが、
初めての症状で軽いものであれば、
ある程度自分で予防やケアをすることも可能です。

 

まず原因となるマラセチアの増殖を抑えるために、
抗真菌剤が配合されているシャンプーを使うことがよいともされていますが、
実はこのような抗真菌の成分はとても頭皮に刺激を与えやすく、
薄毛などに困っている人がすすんで使うべきものではありません。

 

なので、刺激の低いシャンプーで頭皮環境を整えていくこと
このましいでしょう。

 

頭皮にシャンプーや整髪剤が残っているとマラセチアなど雑菌も
増殖の原因となるので洗うときはすすぎ残しがないように注意が必要です。

 

脂漏性皮膚炎は大人だけでなく赤ちゃんもなります。
赤ちゃんの場合は、皮脂の分泌が盛んで、
毛穴が未発達なので分泌された皮質が毛穴に詰まることでなります。

 

脂漏性皮膚炎と抜け毛のの関係について、
抜け毛の原因は老化によるものだけではありません。
脂漏性皮膚炎の炎症が原因で抜け毛になる場合があります。

 

顔や頭皮など皮脂が多い部分に出来ますが
、赤みのあるかさかさとしたかゆみがあります。
掻くことで炎症している部分の髪の毛が抜けてしまう場合があります。
脂漏性皮膚炎により髪の毛が抜けてしまうことを脂漏性脱毛といい
、精神的にとても辛いダメージを受けてしまいます。